実際にシミ取りに成功した!効果のあるスキンケア

MENU

シミ取りに効果があると言われているもの

シミができてしまった場合、またシミができないように予防するために効果のあるものにはどのようなものがあるでしょうか。

 

シミ取りに効果のある化粧品

シミができた場合に、シミを消したいときによく使われるのがシミ取り化粧品です。

 

美白効果、シミに良いという目的の基礎化粧品が良く販売されており
その配合されている成分により、シミ取りの効果があらわれます。

シミに効果のある成分詳細

 

出来てしまったシミを消す効果のある成分
  1. メラニンの色を薄くするもの(ビタミンC誘導体、ハイドロキノン)
  2. ターンオーバーを促進するもの(レチノール等)

 

シミの発生の予防効果のある成分

メラニンの生成を抑制する成分(ビタミンC、アルブチン 等)

 

保湿を促すもの

シミができなく、ターンオーバーが正常に行われる為には肌の保湿は大切です。
紫外線からの保護の効果も同時にあるために、美白成分と共に、保湿成分のあるものを選ぶようにしましょう。

 

化粧品の成分には厚生労働省が認めている、薬用美白成分というものがあり
シミへの効果が認められており、化粧品選びの時に、参考にするとよいでしょう。
成分のところに、「医薬部外品」という表示がされています。

 

アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、コウジ酸等があります。

 

 

紫外線対策

紫外線イメージ

シミの出来る原因は、紫外線により発生した活性酸素が、肌を刺激し、メラニンの生成を促すことが原因である場合が多く、紫外線に当たっている箇所にシミが多くできている場合は、紫外線が原因である場合が考えられます。

 

紫外線対策は、できてしまったシミ自体は薄くなる効果はありませんが、肌のターンオーバーで、新しい肌に再生した時点で新たなシミができることを防ぐことが可能です。

 

これ以上シミができなくすることが大切です。

 

紫外線対策には、

  1. 日焼け止めのクリームなどを着けること
  2. 日傘や、帽子、衣服、サングラスなどで保護すること
  3. 車の運転をする場合にはUVカットのフィルムを張ること
  4. 屋内でも紫外線は侵入していますのでUVカットのカーテンを付けるなどの工夫
  5. 日中日差しの一番強い時間帯を避けて外出するようにする

などの工夫が必要です。

 

抗酸化作用のある食品を食べるという紫外線対策も、大切です。

 

うっかり日焼けをしてしまったときに、しっかりとアフターケアをすることも大切です。
いつも使っている化粧品ではなく、日焼けによる炎症を抑える物を使用し、ヨーグルトパックなどをしておき新たなシミができてしまうことを避ける必要があります。

 

 

シミ取り効果のある食品

シミができる原因に、活性酸素が肌に刺激を与えるという点があげられます。
抗酸化作用のある食品をとることで新たにシミができることを避けることができます。

 

ビタミン

ビタミンA、C、Eは、良く知られた抗酸化作用のあるビタミンです。
特にビタミンCは、美白効果や肌の再生に必要なコラーゲンの生成の助けをする、美肌効果がありますが、体内に蓄積されないため毎日採ることが必要です。

 

この他にも赤い色の食品に含まれるアントシアニンなどのポリフェノールにも強力な抗酸化作用があります。

 

食品や、飲み物など抗酸化作用のあるものを気を付けて食べるということで、美白、美肌効果があります。

 

 

出来たシミを取り除くターンオーバーを促進

出来てしまったシミを薄くしたい場合には、肌の再生を促すことが大切となります。

 

肌のターンオーバーには、約1か月ほどかかります。
年齢と共にこの周期は長くなりますが、新陳代謝を高めることで、肌のターンオーバーは促進されます。

 

新陳代謝を促進するためには、

  1. バランスのとれた食事
  2. 運動
  3. 規則正しい生活

などがあげられます。

 

血行不良があると必要なところに必要な栄養分が送り届けることができないため、新陳代謝も滞りがちとなりますので血行不良を改善することも大切です。

 

特に女性は、体の冷えに悩んでいる場合が多くあり、体の芯の冷えは、あまり自覚症状がないため厄介です。

 

体の冷えを取るために半身浴をある程度の時間すること
食事に気遣う
運動不足に気を付ける
靴下や、腹巻の様なもので内臓の冷えを解消する
などの方法があります。

 

生活習慣の乱れからも、ターンオーバーは正常に行われない場合があり、充分な睡眠をとり、暴飲暴食を避け規則正しい生活を心がけることも大切です。

 

シミを予防する為に大切な事