メラニン色素の生成を抑える成分が、シミ取りに効果があります。

MENU

シミに効果のある成分

シミ取りに効果がある化粧品には、有効成分が配合されています。
どのような成分があり、その効果はどのようなものでしょうか。

 

 

シミ取り効果のある成分

シミ取りの化粧水などに、美白成分等として配合されている成分の中で「医薬部外品」と書かれてある成分があります。

 

この成分は、厚生労働省の認可を受けた成分で、シミ、そばかすに対する効果が、臨床的に実証されたものです。

 

その成分は、メラニン色素の生成を抑え、日焼けによるシミそばかすを防ぐ効果があるというものです。

 

 

メラニンを作る酵素チロシナーゼの活性化を抑制する成分

 

ビタミンC誘導体

誘導体になっているので、破壊されることなく体内の酵素反応でビタミンCとなりメラニン生成のプロセスの疎外と共にメラニン色素の還元作用もあり、シミの色を薄くする効果があります。アンチエイジング、ニキビの炎症も抑える働きがあります。

 

アルブチン

コケモモ、なし、ウワウルシ等植物に含まれる成分で、チロシナーゼに直接作用しメラニン生成を抑えます。
αーアルブチンとβーアルブチンがあり、肌に吸収されるとハイドロキノンになり、メラニンの漂白作用もあります。
どちらも、ハイドロキノンよりも低刺激で安定しています。

 

コウジ酸

みそ、しょうゆなどを作る麹菌由来の成分で、チロシナーゼの働きを抑えます。

 

エラグ酸

イチゴ、ラズべリー等の植物に含まれる、抗酸化作用のある成分でチロシナーゼの働きを抑制します。肌への刺激が少なく、高い美白効果があります。

 

ルシノール

北欧のモミの木の成分で、チロシナーゼの生成を阻害し、お肌への浸透性の良い成分です。

 

リノール酸

紅花油から抽出され、チロシナーゼを分解しメラニンの生成を抑えます。

 

4MSK

角質のエラーからメラニンが増え排出が阻害されてシミが濃くなっているシミに対し角質のエラーを改善しメラニンを排出する効果があります。
同時にチロシナーゼの働きを抑えます。

 

マグノリグナン

ホオノキ等の植物に含まれる成分で、チロシナーゼの成熟を阻害し、メラニンの生成を抑制します。肌への刺激の少ない成分です。

 

プラセンタエキス

胎盤から抽出され、チロシナーゼを抑制します。
新陳代謝や、血行促進効果から、肌のターンオーバーを促進することでシミを排出する効果もあります。

 

ハイドロキノン

チロシナーゼの活性化を阻害し、メラニンを漂白、還元します。
刺激が強く安定性が悪いために皮膚科での治療などで使われ低濃度のものは化粧品にも使用されているものがあります。

 

 

 

メラノサイトにメラニン生成の指令を送る情報伝達の働きを阻害する成分

 

カモミラET

カモミールから抽出した成分でメラニン色素を作る、メラノサイトへの情報伝達を阻害し、メラニンの生成を抑えます。

 

トラネキサム酸

メラニン色素が生成されるのを抑える働きと共に、抗炎症作用があり、美白効果と共に、肝班や肌荒れにも効果があります。

 

t-AMCHA

メラニンの生成を抑えるとともに、抗炎症作用もあり、美白と共に、肌荒れ防止効果もあります。