そばかすは、遺伝的な要素がつよく、シミとの違いは大人になると薄くなりますがケアーの方法は、シミ取りと同じものとなります。

MENU

シミができやすい体質・できにくい体質

シミができないようにお手入れしていなさそうなのにシミもないきれいな肌の人が良くいますが、できやすい体質、出来にくい体質というものがあるのでしょうか。

 

 

シミが出来にくい体質とは

シミができる理由には、いろいろありますが、一番肝心なことは肌のターンオーバーです。
肌に問題があっても、新しい肌が正常に再生できたときには、そのトラブルも解決します。

 

ニキビの治療なども、肌のターンオーバーを促進することで治療を行っています。
シミも出来てしまった場合にも、ターンオーバーを促進することで消えるという場合があります。

 

肌のターンオーバーは約28日周期と言われています。
この周期は年齢と共に長くなりますが、それは新陳代謝の衰えから長く時間がかかるようになります。

 

特に30代になると、気を付けて新陳代謝を活発にするように心がけている人とそうでない人では、肌の質などが変わってくるようになります。

 

 

シミができやすい体質

シミができやすいということは、肌のターンオーバーが正常に行われていないという場合が多くあります。

 

肌のターンオーバーを活発、正常にするためには、日頃からバランスのとれた食事をして、肌に良いビタミン類を不足がないように摂取することが必要です。

 

シミの出来る原因が、活性酸素の刺激によるメラニンの生成が考えられるので抗酸化作用のあるもの、美白効果のあるビタミンCを食事に取り入れ、新陳代謝を促進するために、ビタミン類、ミネラルの不足などにも気を付けます。

 

睡眠不足、不規則な生活もターンオーバーを正常にしない原因の一つです。

睡眠不足の女性

夜寝ている間に分泌される、成長ホルモンによって、肌のターンオーバーが促進されるため睡眠不足は美肌の大敵となります。

 

睡眠する時間帯も大切で、夜の10時から2時までのゴールデンタイムに睡眠をしていると最も成長ホルモン分泌されやすい時間なので、ターンオーバーも正常になりますが夜更かししていて充分な睡眠時間を取っていたとしても、この効果は半減してしまいます。

 

シミができやすい体質になるかどうかは生活習慣の違いによるものが大きく、生活習慣を改善することで体質改善も可能です。

シミを予防する為に大切な事

 

 

活性酸素がキーポイント

肌に紫外線があたることで、その刺激からシミができる場合があります。
これは紫外線により、活性酸素がふえ肌に刺激を与え、メラニンが反応して守ろうという行動を起こして増えるという反応からシミになりますが、この活性酸素対策をしているかどうかでシミができるかどうかが左右されてしまいます。

 

 

そばかすができる人

もともと子供のころから、そばかすができていると言いう場合は家族にもそばかすができている場合が多く、遺伝的な体質でそばかすができてしまいます。

 

大人になってからできるシミとは違い、そばかすは大人になると薄くなっていきますがシミは大人になるほど濃くなるという違いがあります。

 

そばかすも原因は、活性酸素が、メラニン色素を増やすという同じ原因で出来るため、ケアーもしみとりのケアーと同じものになります。

 

活性酸素以外にも、化粧品が肌に合わない、極度のストレス、睡眠不足、偏った食生活によるビタミンミネラル不足もそばかすを増やす原因となります。