紫外線対策を行い、シミとそばかすのメラニン色素発生を防ぎましょう。

MENU

シミとそばかすの違い

「シミ」と「そばかす」の見分け方を知っていますか?
同じように見えるシミとそばかすですが、言葉が違うようにきちんとした違いがあります。

 

シミとはどんなもの?

シミは紫外線を肌に受ける事でメラニン色素が蓄積する、ニキビが炎症して跡になってしまったもの、加齢によるものなど「後天的」な原因によって出来てしまうものです。
「肝斑(かんぱん)」というものもシミの一種になります。

 

そばかすとはどんなもの?

シミは様々な原因で「後天的」に出来るものですが、そばかすができる原因の多くは「遺伝性」です。ソバカスはシミよりも大きさが小さいもので、鼻や頬のまわりに出来ます。
また、紫外線などで発生するメラニン色素や加齢によって色が濃くなってしまう可能性があります。
ソバカスは正式には「雀卵斑(じゃくらんはん)」といいます。

 

シミやそばかすの対策方法

遺伝性のもので後天性のものでも基本的に対策方法は一緒です。
そばかすは遺伝性なので色を薄くしたりするのはシミよりも難しい為、きちんとした対策をしたいのであれば美容クリニックなどで治療をする事が必要ですが、セルフケアでも今以上に濃くしない事が出来ます。

 

シミやそばかすのセルフケアは、「紫外線対策」が一番です。

日焼け止め選び方

 

紫外線はメラニン色素を発生させますが、実は肌に刺激を与える事で発生することもあります。
洗顔やスキンケアは肌に刺激を与えないように優しい成分を使用したり、正しい洗顔を行うようにしましょう。美白効果のあるスキンケアを行う事も効果的です。

 

また、ビタミンを積極的に摂る事で肌の新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを活性化させる事が出来ます。
ビタミンは肌の老化を防ぐこともでき、美肌を保つ為には必要な成分の1つになります。