シミを取る治療をクリニックなどで行うには、事前に施術を行う季節などにも注意をし紫外線の強い夏は避けます。

MENU

シミ取りを行った人の体験談

シミ取りを皮膚科で行う場合、化粧品などでは取れないシミもとることが可能です。
最近よく行われているのが、レーザーによる療法ですがどのように進めていくのでしょうか。

 

 

皮膚科でのシミ取りを行う前に注意すること

シミ取りを行うには、

  1. エステ
  2. 美容外科
  3. 皮膚科

等の選択がありますが最近よく行われている、レーザー治療についての体験談です。

 

まず評判の良い皮膚科を選ぶということが大切なようです。
一度きりでの通院では済まないので、対応の良い所が嫌な思いをしなくて済みます。

 

通院の事を考えて、あまり遠い所ではないというのも大切です。
治療後に、極力紫外線によるダメージを避けるということが必要ですので、外出時のことを考えた通院のしやすい所ということも大切です。

 

実際の治療を行う前にカウンセリングを行いますがその時に、具体的なことを良くドクターに聞いておきアレルギーがあるかどうかなどの質問に答えることになりますが、カウンセリングを十分に行うようにしましょう。

 

 

シミ取りの治療を行う時期

どのような治療方法でも、肌のシミを取り除き、新しい皮膚の再生を促すというものが中心でその方法がレーザーであったり、ピーリングであったりの違いはありますが紫外線によるダメージをある一定期間受けてはならないという時期があります。

 

体験談によると、紫外線の強い夏は避ける方が良いようです。
季節によると、花粉症や風邪を良く引いている冬など、マスクをして歩いていいても目立ちませんので紫外線を避けるという理由でマスクができるという利点があります。

 

 

シミ取り当日

シミ取り当日は化粧をしないで日焼け止めのみでクリニックへ行きます。
レーザーの場合は、軽いやけど程度のヒリヒリ感はありますが痛くて我慢できないというものでもなく麻酔なしでも我慢のできる程度のようです。

 

施術後の皮膚には、気になっていたかなり濃くなっているシミも、取り除かれて効果が実感できるという感想が多くみられます。

 

クリニックでは、塗り薬や飲み薬などを処方されます。
施術された後に炎症を起こさないようにする抗生物質などの塗り薬を処方されます。

 

 

施術後の注意

しばらくの間は、シミ取りを行ったところは絆創膏を貼ることになります。
また極力紫外線に当たらないようにするため、外出などを控えるようにします。

 

マスクなどをして外出するという人が多くいるようですので、マスクが目立たない時期を選んで施術を行っている人が多いようです。

 

1週間ほど後には、施術したところがかさぶたになります。
低刺激の石鹸などでの洗顔もしても良いようですが、強くこすったりせずなるべく刺激のないようにシャンプーなどにも気を付けます。
かさぶたが取れるまでは注意が必要です。

 

かさぶたがとれると、シミがない肌になりますがこの時期に紫外線のダメージがあるとまたシミになってしまいます。
レーザーでも、ピーリングでもシミと同時に肌に本来ある保護成分も同時に取り除いてしまうのでいつもよりも注意深く保護をすることが大切で1か月くらいの間は注意するようにとのドクターからの指示があります。

 

塗り薬や飲み薬も処方されますので、正常な肌の生成を出来るように、生活習慣にも気を付けましょう。
敏感肌の場合などでは、まれに塗り薬が肌に合わない場合もありますので、その場合は直ちに使用をやめ医師に相談します。

 

肌の生成には28日かかると言われ、年齢によりもう少しかかる場合もあるので約1か月の間は特に注意が必要となり、かさぶたが取れた後でもひりひりしたという体験談もあるので、すぐにはきれいに治らず、傷痕の部分が色素沈着してしまうということがありますが、傷が治るときにある一過性のものでしばらくするときれいになくなりますが、紫外線に当たらないということで色素沈着を抑えます。

 

 

シミ取り治療をするにはどのくらいの時間が必要か

シミ取りを実際施術して、かさぶたがとれて、肌の再生が完全にされ、傷痕の色素が薄くなるには1か月から3か月はかかるようです。

 

新陳代謝、肌のターンオーバーのサイクルにもよると思いますので引き続き飲み薬、塗り薬などで約4か月ほどは様子をみるという時期が続きます。
この時期はとにかく紫外線に注意を払うことがとても大切です。