ハイドロキノンは「メラノサイト」を抑制、シミやシワケアにも効果的です。

MENU

ハイドロキノンでシミ対策

ハイドロキノンとは「メラノサイト」というメラニン色素の働きを抑えることでシミを作りにくくする効果のある成分のことで、主にクリームとして販売されています。
「肌の漂白剤」と言われるほど高い美白効果があるものなのですが、イチゴやコーヒーなどに含まれている天然成分であり、シミの予防だけでなく、現在出来ているシミやシワなどのケアにも効果的なものです。

 

ハイドロキノンクリームに使用されているハイドロキノンの濃度は一般的に2~4%ほどとなっています。少ないように感じられますが、この程度の濃度で十分美白効果を得る事が出来ます。

 

ハイドロキノンは高い美白効果がある分、非常に肌に刺激の強い成分なので、使用方法を間違ってしまうと肌トラブルを起こしてしまう事があります。

 

ハイドロキノンを使用するときに気をつけること

ハイドロキノンを使用するときには必ずパッチテストを行う必要があります。
パッチテストは絆創膏にハイドロキノンクリームを塗り、腕の裏側など皮膚の薄い部分に貼りましょう。大体24時間ほどそのまま放置して、肌に異常が見られなければ大丈夫です。

 

ハイドロキノンを使用するときには、、洗顔後に化粧水や乳液などでスキンケアを行った後に使用するようにしましょう。
洗顔後すぐにつけてしまったり、シミの出来ていない部分に使用するとハイドロキノンの効果が出すぎてしまい、「白斑」が出来てしまう恐れがあります。
また、長時間同じ部分に使い続けると肌が弱くなるなど肌トラブルを起こす可能性があります。

注意事項

 

紫外線を浴びてしまうとシミを濃くしてしまう成分なので、ハイドロキノンを日中に使用するときは必ず紫外線対策を行うようにしましょう。
ハイドロキノンは酸化しやすい成分なので、使用期限を必ず守るなど、使用方法をよく読んでから使用するようにしなければ、きちんとした美白効果を得る事が出来ないことになってしまいます。