唇に出来てしまったシミへの対策と効果的なケアについて詳しく解説します!

MENU

唇のシミ対策

お肌のシミに悩む人は多いですが、最近は「唇に出来たシミ」に悩む人が増えてきています。

 

シミは何らかの原因によって皮膚の中でメラニン色素が繰り返し生成されることで発生しますが、主な原因としては「太陽から降り注ぐ紫外線」が挙げられます。

 

通常、太陽から注がれる紫外線を浴びると人間の皮膚内ではメラニン色素が生成され、色素沈着を起こして素肌が黒くなります。
この状態は時間を置けば次第に落ち着いてきますが、中にはメラニン色素の生成を繰り返す細胞が残ってしまう場合もあり、この細胞がシミを作り出す原因となってしまうのです。

 

ほとんどの場合は紫外線を浴び易い顔を中心にシミが発生しますが、中には唇にシミが出来てしまうケースもあります。

 

唇のシミも紫外線が主な原因と考えられていますが、
それ以外にも「口紅の洗い残しによる色素沈着」も原因のひとつだと考えられています。

 

唇には皮脂を分泌する皮脂腺が存在しておらず、外部からの刺激を防ぐバリア機能が特に弱い部位としても知られています。
そのため、紫外線による刺激やクレンジング不足による口紅の洗い残しが続くと色素が沈着して唇のシミを発生させてしまうのです。

 

唇に出来てしまったシミへの対策としては、何よりもまず「保湿」を行う事と「色素の排出」を促す事が先決です。

 

唇は乾燥しやすい部位としても知られていますが、保湿を徹底的に行う事によってダメージが修復されるので繰り返し保湿を行う事でシミを改善する事が出来ます。
具体的には常にリップクリームや保湿クリームを持ち歩き、唇が乾燥したと感じたらその都度クリームを塗って唇の保湿を行うようにします。

 

また、洗顔の際には沈着してしまった色素の排出を促してくれる「スクラブケア」を行う事で唇に出来てしまったシミを効果的に改善する事が出来ます。