丁度良い量の成分を肌に浸透するためには、パックの時間は20分~30分程度に抑えましょう。

MENU

パックの頻度

日常的にパックを行っている女性は多いかと思いますが、パックの頻度については人によってそれぞれ異なるのが現状です。

 

一般的に女性が行うパックのほとんどは「フェイスパック」と呼ばれる顔を中心としたパックです。中には全身をパックできる商品も少なからず存在していますが、ほとんどの商品は顔パックを目的に作られたフェイスパックとなっています。

 

フェイスパックにはお肌に良い成分や潤いを与える成分をたっぷり含んだ化粧水や美容液が染み込んでおり、これを長時間に渡って顔に貼り付けておく事によって素肌の隅々にまで潤いを与え、美白効果や美肌効果をもたらす事が可能となります。

 

ちなみにパックを毎日のように行った方が良いと勘違いしている人は多いですが、実際は毎日のようにパックを行うとお肌が栄養過多になって逆効果になる恐れがあるので注意が必要です。

 

また、毎日のようにパックでお肌に潤いを与えてしまうと自ら潤いを保つ機能が衰えてしまうというデータもあります。
そのため、パックの頻度には十分に注意しながらスキンケアを行うことが大切です。

 

パックを使用したスキンケアの頻度は
基本的に「一週間に一回」くらいのペースで行うのがベストです。

 

フェイスパック

また、女性の中にはパックを行う時間が長ければ長いほどお肌に有効成分がたっぷりと浸透するという誤解をしている人もいますが、パックをする時間が長過ぎると逆にパックが乾燥してしまい、お肌の水分を吸い上げてしまう恐れがあります。
そのため、パックの時間は長くても20分~30分程度に抑えておくと丁度良い量の水分と有効成分をお肌に浸透させることが出来ます。

 

また、女性の中には入浴中にパックをして時短を考える人も居ますが、お風呂の中では皮膚から分泌される汗のせいでパックの有効成分がしっかりと浸透しない恐れがあるので避けた方が無難です。

 

シミが気になる人はシミに効果のある成分が入ったパックを選ぶといいでしょう。