シミができないようにする、これ以上増えないように予防するには、まず紫外線対策が大切です。

MENU

シミを予防する為に大切なこと

シミができてしまった時に、薄くするためには時間もかかります。
まず、シミができないように予防する、これ以上シミを増やさないということが大切です。

 

では、シミを予防するためにはどのようなことを注意すればよいのでしょうか。

 

 

シミを作る一番の原因紫外線対策を行う

シミが出来る一番の原因は紫外線です。

 

紫外線は、一年のうち最も強く降り注ぐ、夏には注意していても、案外他の季節にはおろそかになっている場合もあります。
紫外線は、一年中太陽の上がっている時間帯には降り注いでいます。
屋内でも、屋外でもアスファルトの照り返しなども注意が必要です。

紫外線対策

 

一番効果的な方法は、日傘や帽子衣類サングラスなどでさえぎる方法です。

 

室内への紫外線対策には、UVカットのカーテン、車の運転をするときにはUVカットのフィルムなどで遮る方法があります。

 

 

日焼け止めのクリームを付ける場合、自分の肌に合ったものを選ぶようにします。
日焼け止めクリームが肌にあっていない場合には、刺激となり帰ってシミを作る可能性もあります。

 

特に汗をかきやすい夏には、一度つけたクリームを何度も塗りなおせるようにします。

 

肌が乾燥していると、ターンオーバーが正常に行われにくくなるため、日焼け止めと共に保湿効果のあるクリームなども合わせて使用するようにしましょう。

 

 

体の内側からも紫外線対策をする

肌に紫外線があたると、活性酸素が増え、肌に過剰に刺激を与えることでメラニンの生成を促します。

 

活性酸素が増えないようにすることが大切ですが、食事で抗酸化作用のもあるものを気を付けて食べることでシミが出来にくい肌作りを心がけましょう。

 

抗酸化作用のあるものは、ビタミンA、C、Eやアントシアニンなどのポリフェノールです。
活性酸素は、体内でもいろいろな悪影響を及ぼしており、抗酸化作用のあるものを気を付けて食べることで、体調も良くなり、美肌作りが可能となります。

 

 

肌のターンオーバーを正常にして、メラニンを排出する

メラニンは、肌を守るという役目も行っているもので悪者ではありませんが、守る役目を終えたときに肌のターンオーバーが正常に行われていると、排出されますが、生活習慣の乱れや、食生活の乱れから肌のターンオーバーが正常に行われていない場合にはシミとなってあらわれます。

 

生活習慣をまず見直し、充分な睡眠をとることが大切です。

 

正常な新陳代謝が行われるためには、バランスのとれた食事と、適度な運動も大切です。
血行が悪いと、新陳代謝が緩慢となり、肌のターンオーバーも正常に行われにくくなります。
シミが出来るということは、新陳代謝に問題がある場合が多く、新陳代謝が悪いということは健康に対しても何らかの影響が表れます。

 

シミができるということは、体調を崩すというサインと受け取り生活習慣の見直しを心がけましょう。

スキンケアでシミ取り対策