睡眠不足や生理によるホルモンバランスの乱れがシミを濃くする理由とメカニズム

MENU

シミが濃くなる理由

紫外線を浴びるとシミが出来てしまうというのは周知の事実ですが、シミがどのようなメカニズムで出来るのかについて詳しく知る人は残念ながら少数派です。

 

シミとは表皮が紫外線を浴びた事によってその刺激から身体を守る為にメラニン色素を作り出し、このメラニン色素が表皮に染み付いて出来る斑点のことを指します。

 

紫外線によって生成されたメラニン色素はお肌のターンオーバーによって次第に剥がれ落ち、通常であれば28日くらいで皮膚の色も落ち着いてきます。
しかし、日焼けによって大量にメラニン色素が作り出されたりお肌のターンオーバーが乱れたりした場合はメラニン色素が肌に残量し、そのままシミとして残ってしまうのです。

 

最近ではこうしたシミに対して有効な美白化粧品やレーザー治療の技術なども確立していますが、シミ対策やケアの方法を間違えてしまうとシミが濃くなる恐れもあるので注意が必要です。

 

シミが濃くなる理由はさまざまですが、主な原因としては「ホルモンバランスの乱れ」が考えられます。

 

睡眠中

人間の体内では常に生命維持に不可欠なホルモン物質が分泌されていますが、お肌のターンオーバーを司る成長ホルモンは「睡眠中」に分泌されています。
しかし、生活習慣の乱れによって睡眠不足に陥ったり、生理期間前や生理中にホルモンバランスが乱れたりするとこの成長ホルモンが正常に分泌されなくなり、結果としてお肌のターンオーバーを乱してしまうのです。

 

その結果、シミの原因となっているメラニン色素の排出がスムーズに行われず、逆にシミが濃くなったように感じてしまうのです。

 

また、日常生活の中で感じているストレスもホルモンバランスの乱れを引き起こして成長ホルモンの分泌量を減少させる要因となるため、ストレスを溜めない生活を心掛ける事が有効なシミ対策となります。

 

紫外線の強い季節・時間帯などを知って、紫外線対策も一緒に行いましょう。