あまり知られていない日焼け止めの選び方や数値に関する知識を紹介!

MENU

日焼け止めの選び方

夏の暑い季節が近づくと紫外線量が気になる人も多いかと思いますが、そんな時は「日焼け止め」を正しく使いこなす事で紫外線に対する不安を解消することが出来ます。

 

日焼け止めは各メーカーから実にさまざまな商品が市販されていますが、一般の消費者の中には何を基準にして日焼け止めを選べば良いのか分からないという人も数多く存在します。

 

日焼け止めは基本的に自分の肌質に合った種類や数値の製品を選ばなければ素肌に余計な負担を掛けてしまう恐れがあります。

 

そもそも日焼け止めとは太陽から放たれる紫外線をブロックする目的で作られたコスメの事ですが、基本的には顔用身体用の二つに分類されます。

 

ちなみに去年開封して使っていた日焼け止めの残りは既に酸化が進んでいたり雑菌が混入している恐れがあるため、使わない方が無難です。

 

 

日焼け止めに表示されている「SPF」や「PA」という記号は「紫外線からお肌を保護する指数や効果」を示しています。

SPFは「紫外線防御指数」とも呼ばれていますが、基本的には1SPFに付き「20分間」ほど紫外線からお肌を保護する効果が期待できます。つまり、10SPFだと200分ほど紫外線から肌を保護する効果が持続するという計算になります。

 

また、PAという記号については「肌の老化を促進する紫外線UV-Aを防ぐ効果の度合い」を示しています。PA値にはPA+からPA++++までの4段階があり、+が多いほど紫外線UV-Aを防ぐ効果が高いとされています。そのため、夏のように紫外線が特に強い季節には+の多い日焼け止めを選ぶようにすると効果的にお肌を保護する事が出来ます。

 

 

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」と呼ばれる2種類のタイプがあります。

紫外線吸収剤は伸びが良く白浮きし難いというメリットがある反面、お肌への負担が大きいというデメリットがあります。

 

一方で紫外線散乱剤は白浮きしやすい製品が多い反面、お肌にはほとんど負担が掛からないというメリットがあります。

 

 

紫外線対策はシミを予防する為に大切な事ですので、自分の肌に合ったものを探しましょう。