紫外線対策の日焼け止めなども同時に忘れず行い、正常な肌のターンオーバーの為に規則正しい生活や食事にも注意をしましょう。

MENU

スキンケアでシミ取りは可能?

シミができてしまったときに有効なスキンケアはあるのでしょうか。

 

どのようなものを使うことで、自力でシミ取りが可能となるのでしょうか。

 

 

シミ取りに有効なローション

毎日のお肌の手入れに使う基礎化粧品のローションですが、シミができないように気を付けるためには、まず保湿力をアップするものを選ぶようにしましょう。

 

肌が乾燥している状態では、肌のターンオーバーに悪影響を及ぼし、正常なターンオーバーができないことで、出来てしまったシミを排出できなくなってしまい乾燥していると、シミが濃くなるように感じます。

 

化粧水をする女性

ローションの有効成分に、美白効果のあるものが含まれているものを使うようにしましょう。
ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、フルーツ酸(AHA)レチノール等が良く配合されています。

 

ローションはあまり高濃度には含まれていないため、すぐに効果が表れるというものではないようです。

 

 

シミ取りに有効な美容液

美容液には、有効成分がローションよりも高濃度に含まれており、少しの量でも肌への影響が違うと感じられます。

 

美容液をたっぷり含ませたパックなども良く行われているようです。
保湿力を高める、コラーゲン、ヒアルロン酸の含まれたものならば肌の再生に効果的で、できてしまったシミを取り除くことに有効なようです。

 

美白効果のある、メラニン合成酵素を抑えるチロシナーゼの含まれたものには美白効果もあります。

 

良く配合されているシミに注目した美容液には、ビタミンC誘導体が配合されており、肌の弾力などもましてシミの予防効果もあります。

 

 

紫外線対策のスキンケア

シミを作る原因の多くが、紫外線によるものが考えられます。
どうしても、紫外線は避けられないものです。
紫外線対策に日焼け止めを付けての外出なども気を付けたいものです。

 

基礎化粧品や日焼け止めなど肌に合わないものを使用するとシミができる事があります。
自分の肌のタイプや、刺激に弱い肌の場合などは、特に気を付けて選ぶようにしましょう。

 

 

体の内側からのケアも同時にすることが大切

いくら高価なお金を払って購入した美容液を使っていても効果があまり表れないことがあります。

 

それは不規則な生活をからの睡眠不足や偏った食事でのビタミン、ミネラル不足により、肌のターンオーバーが正常に行われていないためシミが消えない、シミが増えるということがあるようです。

 

活性酸素の刺激から、メラニンが増えることがあるため抗酸化性のある食品、飲み物などを摂取しストレスからも活性酸素は増えるので、ストレスをためないように気を付けることが大切です。