シミの中でも、老人性色素班は、年齢共にあらわれやすく、若い時期に紫外線による日焼け対策や、ケアを怠っている場合には時間がたってから現れることもあります。

MENU

老人性色素班とは

シミにはいくつかの種類があり、見た目に老けて印象を与えてしまうシミを老人性色素班といいます。

 

このシミは、年齢を増すとともにできやすいシミで、薄い茶色から次第に濃い色に変化していくため早い時期からのケアが大切ですが、どのような原因でできてしまい、どのようなケアが必要なのでしょうか。

 

 

「老人性色素班」の出来る原因

シミの中で最も多くみられるのが、このシミのタイプです。
シミができる多くの原因が紫外線です。

 

シミに困る女性

皮膚に紫外線を浴びると、色素細胞のメラノサイトを刺激し、メラニンを生成することで紫外線が真皮まで届いて細胞のダメージを防ぐ機能がありこの役目の終えたメラニンは、ターンオーバーが正常に行われている場合には排出されますが、何らかの原因でターンオーバーが滞るとシミとなって残ってしまいます。

 

また、紫外線のケアをしないまま紫外線を浴び続けていたり、加齢、ストレス、睡眠不足、乾燥などの肌荒れニキビ、ホルモンバランスの乱れなどからも、メラノサイトは刺激されシミの原因となります。

 

このシミが表れるのは、紫外線を浴びすぎてすぐに表れるわけではなく、過去に浴びた紫外線によるダメージの蓄積から時間がたってから現れることもあり、若い時に、紫外線のケアをしないでアウトドアのスポーツをしていて紫外線を浴び続けケアをしていなかった場合や、色白の人等に良く表れ、通常は40代前後に現れます。

 

 

「老人性色素班」の予防

老人性色素班にならないようにするには、若い時から常に紫外線対策を行うようにしなければいけません。

 

また、紫外線に浴びて日焼けをしてしまった場合にも、アフターケアを怠らないようにしなければ時間がたってシミとなって表れます。
紫外線は、シミを作るだけではなく、肌の張りを保つエラスチン、コラーゲンにもダメージを与え、肌の老化を起こしてしまい活性酸素をつくり、肌荒れの原因などにもなります。

 

紫外線のケアには、日焼け止めを使うことですが、特に太陽の光を浴びやすい、顔、デコルテ、腕、手の甲などにも注意をする必要があります。

 

日焼け止めクリームや、日傘、帽子、UVケアの衣料などで紫外線に当たることを、極力避けることが必要です。

 

紫外線を浴びた後も、アフターケアを、いつも使っている化粧品ではなく、日焼けのアフターケア用のもので速やかにケアをしておく必要があります。

 

毎日の基礎化粧品に、美白効果のあるものを使うということで、シミが出来にくいようにしておくことも大切です。

 

 

正常なターンオーバーも大切

正常なターンオーバーが行われるかどうかが、老人性色素班になるかどうかの分かれ目となります。

 

肌のターンオーバーは加齢とともに緩慢となりますが、新陳代謝を活発にし充分な睡眠や食生活でバランスのとれた食事をとることや、血行不良を改善することでターンオーバーを正常に改善することが可能です。

 

特に30代に入ったころからは注意が必要で、新陳代謝を正常にするためには、お肌のケアと同時に生活習慣の見直しや、心がけて日常から運動なども行うようにする必要があります。

 

 

老人性色素班を取り除く方法

出来てしまったシミに対しては、

  1. クリニックで行われるレーザー照射でシミを取り除く方法
  2. 美白効果や、シミの予防効果の配合された化粧品を日頃のケアとして使う

ようにします。

シミに効果のある成分

 

ターンオーバーを正常にし、促進する効果のある食事、特に抗酸化作用のある食品をなるべく食べるようにすることも大切です。