色白な人はきちんと紫外線対策をしてメラニンの過剰生成を抑制しましょう。

MENU

色白はシミが出来やすい?

日本では「色の白いは七難隠す」と言われ、肌の色が白いとそれだけでとてもきれいに見える、とされています。

 

しかし、実際肌の色が白い人はメラニンを作り出す能力が低く、シミが出来やすい体質なのです。
シミはメラニン色素によってできるものなのですが、メラニンを作り出す力が低いとなぜシミが出来やすくなるのでしょうか?

 

シミのできるメカニズム

シミに悩む女性イメージ画像

シミは肌に紫外線が当たるとメラニンを生成する「メラノサイト」という細胞を刺激します。
それによってメラニサイトが活性化して過剰にメラニンが生成され、肌の表皮に色素沈着をおこしてシミが作られます。

 

しかし、そもそもメラニンには肌にダメージを与えないように紫外線を吸収したり、紫外線によって発生した活性酸素を除去する働きがあります。本来は肌を守る為の成分なのです。

 

要するに「メラノサイト」が刺激されて過剰にメラニンを作られなければ、シミが出来る事は無いわけです。

 

肌の色の白い人はメラニンが少ない為、肌を防御する力がとても弱いのです。
そのため紫外線から肌を守ることができず、過剰にメラニンが発生してシミになりやすいのです。

 

また、美白化粧品にはメラニンの発生を抑える成分が配合されています。
そのため肌の防御能力が弱くなってしまうので、きちんとした紫外線対策を行わないとシミが出来やすくなってしまうことがあります。
紫外線は年中降り注いでいます。そのため紫外線対策は日差しの強い夏だけでなく、出来れば年中行うようにし、室内にいる時でもきちんと行うようにするのが理想的です。
また、ビタミンを取るようにすると出来てしまったシミを薄くする効果を期待する事ができます。